ハイブリット乾燥技術とは?

ハイブリット乾燥技術は遠赤外線放射と温風を組合わせた独自の技術です。 従来の乾燥方式と比較して、高効率の乾燥を実現します。

乾燥対象物に温風と遠赤外線を同時に与えることにより、塗料やインクなどの対象物の硬化が急速に促進されます。 この結果、乾燥時間が劇的に短縮されます。

ハイブリット乾燥技術のアドバンテージ

ハイブリット乾燥技術は、従来の乾燥方法と比較して高効率な乾燥を実現します。これにより、乾燥時間の大幅な短縮、エネルギーコストの削減、省スペース化などの利点があります。

ハイブリット乾燥技術の特徴

1. 乾燥時間の短縮
2. 設置スペースの最小化
3. エネルギーコストの削減

ハイブリット乾燥技術を採用するメリット

ハイブリット乾燥技術は以下のメリットをもたらします。

  • • 乾燥工程中に発生する気泡などの現象を抑制します
  • • 乾燥時間が短いため、ゴミ、ブツなどの付着が最小化されます。
  • • 厚膜にも対応出来ます。(100μ以上にも対応)
  • • 水系塗料、水系インク、粉体塗装などにも効果的です
  • • 対象素材は、金属、硝子、樹脂、ゴムなど様々な素材にも対応出来ます。

ハイブリット乾燥技術のメカニズム

温風乾燥のメカニズム

暖められた空気が被塗布物の表面に接触し、外側から内側へ徐々に暖められる

遠赤外線の硬化メカニズム

電磁波の一種である遠赤外線により、内部から暖められる


電磁波による硬化原理: 分子が電磁波を吸収し、分子振動が発生。この結果、振動摩擦により熱が発生し、被塗布物の内部の硬化が始まる。 (例;電子レンジなど)

ハイブリット乾燥技術のメカニズム

硬化プロセスは以下のように進行します。

コンタクト

Japanese Language

Mr.Yasuhiro Mori

Tel. 095-7434316

E-mail: pdm.mori@gmail.com

Mr.Noppon Sakhachat

Tel. 081-6196002

E-mail: tct.noppon@cubic.co.th

Mr.Sirisak Sornkom

Tel. 089-6233579

E-mail: tct.sirisak@cubic.co.th